辛い2時間

昨日のレース。随分久しぶりのレース。

ストレッチ、ローラーでアップ。いつも通りの準備。

 

*****

 

スタート直後、高校生がペースを上げる。

昨年の夏、スタート直後に中切れが発生してそのまま終了・・・となってしまったのを思い出す。

 

 

「前につかないと。今日は行けるとこまで行くんだ」

 

 

ダンシング後、腰を下ろして踏む。

 

その時。

腰に激痛が走った。一瞬何が起きたか分からなかった。

電気が走るような感じ。激痛と同時に力がガクッと抜けた。

 

終わった。

サドルに座りゆっくり回す。

 

 

「何かよく分からないけど、レースを走るのはこれが最後になるような気がする」

 

 

そう思えてきた。そう思うとやめたくなかった。

痛いんだけどね。

 

その後は、座る位置を変えたり上ハン持ったりして騙し騙し走る。

最後まで下ハンは持てなかった。

 

その後パンクが1回。

ピット近くだったのが幸い。

 

大会運営の方やピットにいる人達が応援してくれる。凄く嬉しい。

 

とにかく2時間走った。

久しぶりにレースの気分を味わえた。大会運営の方々に感謝。

 

終わった後、応援メールをくれてた方々に返信。皆さんの「おつかれさま」がとても嬉しかった。ありがとうございました!

 

さて、また病院通いだなー。